ダイエット専門家コラム

【プロトレーナー監修】糖質制限中のお肉は「低糖質高タンパク栄養豊富」で選ぼう!

鈴木昭寛

ダイエットジム『アフターパーソナル』代表トレーナー

鈴木昭寛

akihiro suzuki

せっかく糖質制限で食事を変えるなら、お肉にもこだわりたい!肉といっても、たくさんの種類、部位があり、どれが糖質制限中にいいのか判断しにくいところもありますよね。

そこで、糖質制限中にぴったりのお肉は何かをお教えします!

基礎からおさらい!肉に含まれる栄養素とは?

肉と聞くと牛肉・豚肉・鶏肉が思い浮かびますが、その3種類以外にも馬肉、ラム肉、鴨肉など一般的に食べる機会が少ない種類の肉もあります。肉から摂取できる栄養素の中でも、肉の種類に共通する栄養素から確認していきましょう。

タンパク質(アミノ酸)

筋肉の材料になるのは勿論、肌や髪や爪、内臓をつくる材料ともなります。つまり身体をつくる上で欠かせない栄養素です。

脂質

タンパク質と共に働いて細胞膜をつくります。
脂肪として臓器の保護の役割もしますし、身体のエネルギー源にもなっています。

糖質制限&ダイエットならこれ!
オススメのお肉とその理由

鶏肉

やはり鶏肉はタンパク質の含有量が多いです。

糖質制限は、エネルギー源を糖質ではなくタンパク質と脂質に切り替える作業なので鶏肉のタンパク質含有量は重宝すべき。

1日全体の食事にタンパク質不足を感じる日は、よりタンパク質の割合の多いササミをすすめますが、他のタンパク源も摂取できている日はササミにこだわらず皮付きのモモ肉も摂って問題ありません。

豚肉

豚肉はビタミンB1の含有量が多いです。

ビタミンB1には疲労回復と糖質代謝の促進効果があります。数ある部位の中でも、ヒレがビタミンB1を一番多く含有しています。

牛肉

牛肉はヒレが最優秀部位です。ビタミンB2が多く、皮膚や髪の細胞の再生をします。また、牛肉各部位にはセロトニンを増やしてくれるトリプトファンも豊富に含まれます。

セロトニンと言えば“幸せホルモン”と呼ばれ、自律神経に働きかけ脳内の興奮物質を抑え明るい気持ちにさせてくれます。焼肉が好きな人が多いのにはこういった裏付けもあるかもしれませんね。

低糖質高タンパクなお肉とその栄養素は?

ラム肉

ジンギスカンなどでよく食べるラム肉ですが、実は低糖質高タンパクなのをご存知ですか?ラム肉には、特長と言える栄養素が主に3つあります。

①ヘム鉄
血中の酸素の運搬を円滑にし、各栄養素の代謝をスムーズにします

②ビタミンB1、B2
豚肉と牛肉で前述の通りです。ラム肉にはビタミンB群が多く含有されます

③L-カルニチン
アミノ酸の一種で、ミトコンドリアに脂肪を送り込み脂肪燃焼をする際に必要な栄養素です。

糖質制限にもいい!魚介類でオススメなタンパク源は?

“魚の王様”とも言われている魚の種類はご存知でしょうか?

正解はです。

鮭はタンパク質も多く、ビタミンに関してはビタミンA,B群,C,D,Eを含有、そして魚の持つ栄養素の特長であるDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)も豊富で、体内では生成できない亜鉛とセレンまで含有している食材です。

糖質制限時、ダイエット時は糖質や脂質をとにかく抑えれば良い訳ではありません。多種の栄養素が作用し合って初めて脂肪が燃焼されます。

そのため、糖質制限中のタンパク源には、1種類の食品で多くの栄養素を摂取できる鮭を1番にオススメします。

まとめ

  • 肉に含まれる栄養素は、タンパク質(アミノ酸)と脂質。
  • 糖質制限中の三大肉は、鶏肉・豚肉・牛肉!
  • 低糖質高タンパク質なのは、ラム肉!
  • 多くの栄養素を摂取できる“魚の王様”鮭は魚介類の中でも特にオススメ!

※個人の見解であり、サイトの公式見解ではありません。

鈴木昭寛

ダイエットジム『アフターパーソナル』代表トレーナー

鈴木昭寛

akihiro suzuki

大手フィットネスクラブ勤務歴2年、グループエクササイズレッスンインストラクター歴2年、パーソナルトレーナー歴4年、パーソナルセッション年間2,500本以上の実績を持つ。 https://concierge.diet/area/tokyo/shinjyukuku/afterpersonal
全国のダイエットジム検索とパーソナルトレーニングのことなら
ダイエットジムコンシェルジュへ
PageTop