ダイエット専門家へ直接インタビュー!

自然の力を取り入れる!安心素材のプロテイン開発ストーリー

鯰美紀

プロインタビュアー

鯰美紀

miki.namazu

安心安全な素材にこだわったプロテインドリンクを販売している株式会社ソライナ

同社のプロダクト・イノベーターであり、開発者の森弘子さんは、パーソナルトレーナーとしても活躍中。森さんに、プロテインドリンクの開発秘話をお話をうかがいました。

安心して飲めるプロテインを開発した森弘子さんインタビュー

森 弘子
ソライナ株式会社プロダクト・イノベイター

ボディビルのカテゴリーのひとつ「ボディフィットネス」競技選手を経て、 トレーニング指導、及び各種セミナーやメディアでの栄養と食の指導・啓発活動を行う(雑誌監修、レシピ作成など多数)。
40歳で初めての出産を経験するも、たった1週間で体型を戻した、ボディメイキングのスペシャリスト。

プロテインドリンク誕生秘話。こだわったのは…??

森さんは、元モデルで、現在はパーソナルトレーナーとして活躍されています。その森さんが、なぜ、プロテインドリンクの開発を?

プロテインドリンクは、多くのトレーナーが飲んでいますし、私も例外ではありませんでした。

ある日、友だちから、「プロテインドリンクは、子どもに飲ませても安全なの?」と聞かれて、答えに詰まってしまったのです。

私も、自分では飲んでいますが、子どもに飲ませたいかというと…。色々気になる成分も含まれていますから。

でも、運動する人は毎日のように飲むものですから、身体に余計な負担がかからないプロテインドリンクを開発したい」と思ったのです。

こだわったのは、やはり安心・安全ですか?

そうですね。こだわったのは、

植物性の素材の力を活かすこと
人工甘味料、人口香料、増粘剤、保存料などを極力排除すること
おいしいこと

ですね。
植物由来にこだわったのは、スーパーフードについて学んだときに、植物が持つパワーや栄養の有効性に感銘を受けたからです。このパワーを活かしたいなと思ったのです。

同時に、人工の添加物は使いたくなくて、甘味料も香料も、植物由来のものを使っています。
現在発売中のダーク・チョコレート味、ベリー味ともに、動物由来のものは全く使っていません。ビーガンの方にも飲んでいただけます。

味に関しては、女性や子どもにも喜んで飲んでもらえる、ということにこだわりました。
サプリメントとしてではなく、食べ物・飲み物としても、「おいしい」と思ってもらいたいので。

こだわりを実現するために、苦労したことは?

自分で開発すると、「従来の製品は、パウダーを溶かしやすくするために、添加物がたくさん使われているのだ」と気づきました。添加物を極力使わずに、その課題をクリアすることに苦労しました。

また、人工甘味料や人工香料を使えば、味をごまかすのは簡単なのですね。いかに人工のものを使わずにおいしくするか。
お料理をする要領で、色んな自然の材料を試して、完成までに一年かかりました。

大豆不使用の[ダーク・チョコレート味]・爽やかで手ごろな[ベリー味]

2016年に発売された『ソライナ・プロテイン[ダーク・チョコレート味]。こちらは、大豆を使っていない、画期的なプロテインドリンクですね。

ええ、大豆ではなく、「えんどう豆」と「米」、2種類のたんぱく質を採用した「ハイブリッド」設計です。

従来のプロテインドリンクは、大豆由来のものがほとんどですが、すでにアメリカでは「ソイフリー(大豆不使用)」の流れになってきています。遺伝子組み換え大豆の害や、大豆に含まれるフィチン酸(発芽毒)が懸念されるからです。また、大豆イソフラボンの摂取を避けたい男性アスリートもいらっしゃいます。

この製品は、アルギニンを含みます。アルギニンは成長ホルモンの分泌をうながし、筋肉を作ると言われていますし、男性にもお勧めです。

高濃度カカオと黒糖を入れることで、コクのあるダークチョコフレーバーが実現しました。

お値段は500gで7344円(税込)と、プロテインドリンクとしては少々高めなのですが…。

2017年6月に発売されたばかりの[ベリー味]は、お手頃価格ですね。
300gで2980円(税込)です。流通量が多い大豆タンパクをベースにしていますので、手頃なお値段が実現しました。[ベリー味]は果汁で味をつけてあります。[ダーク・チョコレート味]と同様に、人工甘味料や人工香料を使っていない安心安全な製品です。
大豆タンパクを中心に、えんどう豆、米、ヘンプシード、サチャインチ(インカナッツ)の5種類のたんぱく源を使うことで、バランスを高めています。
また、植物性の乳酸菌を配合しているのでお腹にやさしいですし、玄米麹も加え、たんぱく質の分解を促進できるようにしています。

植物由来のプロテインは、ホエイ由来のプロテインと、なにが違う?

牛乳を由来とするホエイプロテインと、植物由来のプロテイン、なにが違うのでしょうか。

ホエイ由来のプロテインは、日本人の場合、「摂取した後に、お腹がゴロゴロする」という方がいらっしゃいますが、植物由来のプロテインの場合、それがありません。

また、ホエイプロテインに比べ、植物由来のプロテインは、血中のアミノ酸を持続的に高濃度に維持できるため、腹持ちが良いという利点があります。

プロテインは皮膚を作る原料ですので、美容を気にする女性にもお勧め

そうそう、[ダーク・チョコレート味]は、みなさん「便通がよくなった」とおっしゃいます。

ソライナのプロテインドリンク、どんな人にお勧めですか?

健康を意識しながら、体を作りたい人にお勧めしたいですね。毎日、口にするものですから。

高齢の方にもお勧めします。食事量が減ってしまった方、栄養をうまく吸収できない方には、飲み物の延長で、プロテインドリンクを飲んでいただければ、効率的に栄養補給ができます。

また、「ランチはコンビニでおにぎりだけ」という方々にも。炭水化物だけですと、血糖値が上がってしまいますから。そこにプロテインを加えることで、糖質の吸収がゆるやかになります。

なるほど。身体にはメリットが多そうですね。とはいえ…。昔、ダイエットのためにプロテインドリンクを飲んで、まずくて耐えられなかったのですが。

そうそう、従来のものは人工香料を使っていますから、味がくどいのです。

かといって、人工香料を使っていないものも…。私も、外国製の人工香料不使用の植物由来プロテインを飲んだこともありますが、まずくて…。「ブヘーっ」となりますよね。

だからこそ、ソライナのプロテインは味にこだわりました

あの…。おいしいと評判のソライナのドリンク、試飲させていただけますか?

もちろん、いいですよ。
どちらのフレーバーも、水だけでおいしく飲めます。シェーカーで振ってくださいね。

おいしい!!フルーティでさっぱり。ジュースみたいにゴクゴク飲みたくなりますね。色も優しいピンクで、味も優しい。身体にいいもの摂ってる、と実感できます。

ありがとうございます。

炭酸水で割ると、よりさっぱりとおいしいですよ。男性にも好評です。

ヨーグルトに混ぜてもおいしいですし、水に溶かしたものを凍らせると、シャーベットみたいになります。

チョコレートフレーバーの方は、ココア飲料のようだとか、お汁粉みたいでおいしいといわれます。
ブラウニーなどお菓子作りの材料にも使えますよ。

ソライナ・プロテインの商品情報

ベリー・フレーバー味

・大豆、えんどう豆、ヘンプシード、サチャインチ、玄米由来のたんぱく質を採用
・低GI の機能性甘味料パラチノースを採用するなど、素材ひとつひとつを厳選
・お腹にやさしい玄米麹と植物性乳酸菌を配合
・爽やかな甘さのベリー・フレーバー
・300gで2980円(税込)

ワークアウト前後のご使用はもちろん、日常の栄養摂取のサポートにもおすすめで、スムージーやヨーグルトなどにも最適です。
乳不使用、グルテンフリー(小麦不使用)で人工甘味料、合成着色料不使用。日本生産というのも安心のポイントです。

 

ダーク・チョコレート味

 

 

・「えんどう豆」「米」由来、2種類のたんぱく質を採用した「ハイブリッド」設計。
・乳製品よりも血中のアミノ酸濃度を持続的に高めることが期待できる。
・さらに「マカ」「カカオ」でブースト。
・500gで7344円(税込)

人工甘味料不使用で黒糖のコクやまろやかさ、甘さを活かしたダークチョコフレーバーです。
ハードな運動を行うアスリートから、ジュニア〜シニア世代まで、幅広く運動を楽しむ方の栄養補給に最適。植物性素材から生まれたプロテインの新しい選択です。
ベリー・フレーバー味と同様に、乳・大豆不使用、グルテンフリー(小麦不使用)で日本での生産を行っています。

ソライナ・プロテインについてもっと知りたい方はこちら!

編集後記

ソライナのプロテインは、トレーニングの効果を高めてくれる機能はもちろん、女性目線の優しいこだわりが盛りだくさん。パッケージもおしゃれですね。高齢者や中高生、美容を気にする女性にもお勧めということで、今までの「肉体系」「ギラギラ」なプロテインドリンクのイメージがくつがえされる製品です。

引き締まった身体が美しい森さん。お話もとてもわかりやすく、ユーモアたっぷりで、笑いのあふれるインタビューでした。ありがとうございました!

鯰美紀

プロインタビュアー

鯰美紀

miki.namazu

兵庫県芦屋市出身。大学卒業後、経済団体国際部に就職し、企業役員と共に海外出張もこなす。結婚後、アメリカでライターとしてのキャリアをスタート。各業界の社内報、オウンドメディア、専門誌などに執筆する。インタビュー相手の守備範囲は広く、役員、著名人、外国人から子どもまで。柔らかで話しやすい雰囲気作りと、さりげなく鋭い突っ込みを得意とする。美容とダイエットには常に興味あり。(http://namazumiki.com/)
全国のダイエットジム検索とパーソナルトレーニングのことなら
ダイエットジムコンシェルジュへ
PageTop