ダイエット専門家インタビュー

スポーツ栄養学に基づいた健康食堂『アスリート食堂』に聞く、低糖質な食事法とは?

鯰美紀

プロインタビュアー

鯰美紀

miki.namazu

街の健康食堂『鹿屋アスリート食堂』(アスショク)は、管理栄養士が常駐し、スポーツ栄養学に基づいた食事を提供するレストラン。健康になりたい人、ダイエットしたい人、アスリートから絶大な支持を受けています。

その鹿屋アスリート食堂・丸の内店でメニュー考案などを担当している管理栄養士で薬膳コーディネーターの小野寺望(おのでらのぞみ)さんに、「結果が出る低糖質な食事法」について、お話を聞きました。

管理栄養士が考案した食事を3か月食べただけで、6Kg減!?

アスショクは、7割以上が常連客だとうかがいました。それだけ、みなさん結果を感じていらっしゃるということですよね?

丸の内店は周辺のサラリーマンのお客様が多いのですが、毎日アスショクでランチを食べていたらコレステロール値が下がった3か月で6Kg痩せたというような嬉しいご報告をいただきます。

それは嬉しいですね!!やはりアスショクのメニューはカロリー控えめなのでしょうか。

そうですね、たとえば人気メニューの一つに、カンガルーの肉(ルーミート)を使ったハンバーグがありますが、これは低脂質・高タンパクのルーミートを使うことで、カロリーを抑えるためです。

ただ、カロリーのみを重視しているわけではありません。

カロリーだけが重要ではない、ということですね?

みなさん、ダイエット=食べない、という発想になってしまいますが、食べずに痩せるのは、飢餓状態と同じです。

管理栄養士としては、ビタミン、ミネラルなどの栄養素をしっかりとバランスよく摂取して、まずは健康な身体に戻していただきたいと思っています。

アスショクの食事は、マイナスだった健康をまずはゼロ=元の健康状態にして、さらにより高いパフォーマンスができる身体にしていくことを目指しています。

栄養バランスが大事だということは理解はできますが、では何を食べたらよいのか、難しいところです。

アスショクの定食メニューは、選べる3つの主菜、汁物、ご飯で構成する「一汁一飯三主菜」です。

主菜15種類は、A(野菜中心)、B(たんぱく質と野菜)、C(たんぱく質中心)の3つのカテゴリーに分かれていて、各カテゴリーから1つずつ選んでいただきます。

自己流ダイエットでは、パフォーマンス低下の心配も!?

すばらしい!それでバランス良く食べられるのですね。プロの考案だと安心です。自己流ダイエットは怖いですよね。

女性アスリートは、体重制限のために食事が偏り、脂質不足で生理が止まってしまうことも少なくありません。

脂質を下げすぎると筋肉が痩せて、結果的にパフォーマンスも下がってしまうので、良くありませんね。常温で固まる脂は控えて、オリーブオイルなどで油分を補うなど、バランスが重要です。肌にも影響します。

体重は落ちても、パフォーマンスが下がるのは本末転倒ですね。

一日一食などのダイエットは、食べたときに血糖値が急激に上がるため、身体に負担が大きいですし、太りやすい身体になってしまいます。

しっかりと栄養を採って、健康で栄養を吸収できる身体、代謝のよい身体にすることが大切です。

糖質制限ダイエットのカギは、栄養素を補うこと!

糖質制限ダイエットが流行しましたが、アスショクでも低糖質なメニューは選べますか?

定食メニューの「選べる主菜」はカロリー、タンパク質、糖質、 脂質、ビタミンC、鉄分、塩分などの栄養素を表示していますので、参考にしていただけます。ただ、糖質ゼロというメニューはありません。

糖質ゼロを目指すような究極の糖質制限ダイエットについては、どのような見解ですか?

糖質ゼロにしたことで、カロリーが不足して痩せただけ、という人も多い気がします。糖質だけでなく、必要な栄養の摂取量も下がってしまっている感じですね。

糖質を控えたら、その分のカロリーは他の栄養素で補った方がいいと思います。

理屈ではわかりますが、素人には、いったい何で補えばいいのかわかりません…。

アスショクでは、ご飯を「野菜盛り」に変更することができます。野菜盛りとは、キャベツ盛りのことですが、栄養が取れますし、最初に野菜盛りを食べることで血糖値の上昇を抑える効果もあります

今年から、糖質を気にする方のために、丸の内店限定でロカボご飯も選べるようになりました。

ロカボご飯??

丸の内店の管理栄養士が考案したもので、お米の量を減らし、大豆、ヒジキ、カリフラワー、鶏ひき肉、油揚げなどの具材を入れています。見た目は炊き込みご飯ですね。

160gで白ご飯と比較すると、カロリーは白ご飯が247kcal、ロカボご飯が220kcal、糖質は白ご飯が52.6g、ロカボご飯が21.7gで大きく抑えられています。

ロカボご飯の糖質は白米の半分以下ですね!!

一方で、ビタミンCは白米が0、ロカボご飯8.2g、鉄分は白ご飯が0.5㎎、ロカボご飯が1.2㎎、食物繊維は白ご飯が0.5g、ロカボご飯が2.9gと、必要な栄養素を摂取できていることがわかります。

管理栄養士のサポートがあれば、結果が出せる!!

管理栄養士さんにバシッと数字で違いを見せられると、全然違うのが分かりますね。アスショクでは、管理栄養士さんに食事相談できるのですか?

できます。管理栄養士が常駐していますので、声をかけてください。目的に合わせて、家でどのような食事をすればよいのかなど、アドバイスさせていただいています。

アスショクに行けばプロが考案したバランスのよい食事ができて、さらに必要であればアドバイスもいただけるということですね。心強いですね!

管理栄養士としても、日々お客様と直接お話させていただき、お客様の変化を感じることができますので、プロとしてのやりがいを感じます。

なぜ、管理栄養士のサポートがあれば結果が出るのでしょうか?

野菜は身体にいいよね、ということは誰でもわかっていますよね。だけど、食事にどう取り入れていったらいいのか、わからないのですね。

でも「ご飯をキャベツ盛りに変えたら、糖質オフの上にビタミンが摂取できますよ」という提案ができるのが管理栄養士です。

「好きなアイスががまんできないなら、食べてもいいけれど前日は脂質を控えましょう」、「お肉が好きなら大根おろしやパイナップルを添えて、消化を助けましょう」という、ちょっとした代替案によって、ストレスなく理想的な食事に近づけることができます

簡単な低糖質レシピ、買い物のコツを教えて!!

アスショクの食事が家でも作れたらいいのに!

作れますよ。アスショクのレシピはほとんど家で再現できる簡単なものです。さすがにルーミートは手に入りにくいですが。レシピ本も出版されています

レシピ本もあるのですね!とりあえず、家庭で簡単に作れる低糖質のお勧めメニューがあれば、教えていただけますか!?

スパニッシュオムレツはどうでしょう?タッパーにタマゴを割り入れて、たまねぎ、パプリカ、カボチャなどの具材を入れて、電子レンジでチンするだけでできます。チーズで塩分を補給してもいいですね。一人前なら600Wで10分以内にできるはずです。

おー!!鍋要らず!簡単ですね。

間食にもお勧めです。

外出先でコンビニしかないときも、何を買えばよいのか、困ります。

冬は、おでん、野菜サラダ、バナナ、低脂肪・高タンパクのヨーグルト。炭水化物はパンよりご飯ですね。

コンビニに行ったとき、糖質オフと書かれていても、実はそうでもないこともあります。商品の表示をしっかりと見て確認してくださいね。添加物も、栄養吸収を疎外すると言われていますから、加工食品はなるべく避けていただきたいです

ありがとうございます。普段選ぶものを少し意識することも必要ですね。

そうですね。知っているのといないのとでは、全然違うと思います。本当は家での食事もしっかりと栄養を考えていただきたいのですが、スポーツ選手のように、毎回分量をきちんと計って作るのは、一般の方には難しいですよね。

食事バランスが取れていないなと実感するときは、アスショクのようなプロのメニューを利用するなど、無理なく健康な食事を続けていっていただけたらと思います。

編集後記

ルーミートはさすがにマネできませんが、レンジに入れるだけのスパニッシュオムレツは私でも作れそうです。

糖質制限ダイエットでは「何を食べたらいいかわらかない」という声をよく聞きますが、プロのアドバイスがあれば、ダイエット中でも食事を楽しめそうですね。

鯰美紀

プロインタビュアー

鯰美紀

miki.namazu

兵庫県芦屋市出身。大学卒業後、経済団体国際部に就職し、企業役員と共に海外出張もこなす。結婚後、アメリカでライターとしてのキャリアをスタート。各業界の社内報、オウンドメディア、専門誌などに執筆する。インタビュー相手の守備範囲は広く、役員、著名人、外国人から子どもまで。柔らかで話しやすい雰囲気作りと、さりげなく鋭い突っ込みを得意とする。美容とダイエットには常に興味あり。(http://namazumiki.com/)
全国のダイエットジム検索とパーソナルトレーニングのことなら
ダイエットジムコンシェルジュへ
PageTop